日本キジ・ヤマドリ養殖センター

山鳥(ヤマドリ)、キジ、コジュケイの養殖、飼育は日本キジ・ヤマドリ養殖センター

動画  キジ  コジュケイ


 

                                          

                                                         

対応地域

全国対応可能

 

会社案内

日本キジ・ヤマドリ養殖センター

〒319-1301
茨城県日立市十王町伊師3622-2

TEL:0294-39-4034
FAX:0294-39-3620

 

販売許可証


北ヤマドリ  【オス】     キジ目キジ科.                                                                        .


〔分布〕   北ヤマドリは全国的に分布 留鳥 狩猟鳥 
 
〔習性〕   山地の森林域に生息  雑食性 木の実、
        昆虫など好む  一夫多妻     翼を 激しく
        打ち震わせ大きな音〈ドラミング〉を出す 
        発情期に〈1~5  月頃〉見られる

[形態]   繁殖形態は一夫一婦とされていますが
         増殖するにはオス1:メス2~5が
                 ベストです。

                 又、繁殖適齢期は1~3年が好ましい

                 オスの抱卵3度確認されました。(驚き)

               価格   8,000円〈税込み〉
 
 
               〈コシジロヤマドリを除く)
               
               ヤマドリと言えば一般的に
               北ヤマドリ(ヤマドリ)が
               主体です。
               
                凡そ関西以北に生息

                残りの亜種は分布が極、限られて
                います。

〔特徴〕   オスは全長120センチ位  胴体は
                 カラス位  
        尾羽根が長い
       
        全体的に 赤褐色   耳羽はない 
                 体色から、 
        北ヤマドリ、ウスアカヤマドリ、
                  アカヤマドリ、シコクヤマドリ、 
                  コシジロヤマドリの5亜種

        北方へ行くに従い体色は
                 白色が目立つ
        体大きく尾羽の幅が狭い
        
        卵も白っぽい
        
        南方へ行くほど体色濃くなり
                 白色も少ない
        
                 尾羽の幅は広くなる
        
        卵はやや赤っぽく感じる

        温暖化により北方系の
                  減少が危惧されます・・


 

ヤマドリ [メス] キジ目キジ科

北ヤマドリ  メス

北ヤマドリ メス

〔分布〕    関西以北に分布  亜種による差はない 
         
〔特徴〕      メスは全長50センチ位  全体的に
                   茶褐色 尾羽は短い 尾の先端が白い 
                  
                    飛翔中に尾羽を画像のように広げ
                   先端に白いのが見える

         メスの判別は困難


 形態
         繁殖形態は一夫一婦と
                   されていますが
         
                   増殖するにはオス1:メス2~5が
                   ベストです。

         又、繁殖適齢期は1~3年が好ましい

         オスの抱卵3度確認されました。(驚き)
                   

         


                価格   8,000円〈税込み〉



北ヤマドリ【オス】キジ目キジ科                                        


キジ【オス、メス]キジ目キジ科                                                                                             

 
〔分布〕   北海道を除き全国的に分布  国鳥  
          留鳥  狩猟鳥 
         コウライキジの放鳥は対象外
                  交雑のため

 〔特徴〕    全長80センチ位 胴体は
         カラス位 全体的 に 緑色 
         顔に赤裸出あり 耳羽あり
                   奥がメス、手前オス  

         増殖は容易い

         狭い場所でも可能
                   (2坪位でオス1メス7十分可能)

         扱い容易い

       
                 
                  価格 オス、メス共4,500円
        〈税込み〉            



キジ〔雛)キジ目キジ科                                                                                                       

コジュケイ〔小綬鶏〕                                                                                                             

【分布】    全国的に分布  留鳥  狩猟鳥 
                            中国原産の移入種
     
               平成10年代に宮城県石巻で野生の
                          コジュケイに遭遇(数羽)

            温暖化により現在ではかなり北上している
                         と思われます。
         
【特徴】           全長30センチ位  胴体はハト位 尾は短い 
                オス、メス同色
                 体は褐色  黄褐色の腹部に黒色黄斑あり

               繁殖旺盛、集団性


【習性】         雑木林 農耕地 河川敷 などに生息
              低く直線的に飛ぶ 
              チョットコイ.....と鳴く

                       価格 オス、メス共4,000円〈税込み〉
        



  キジ ヤマドリの雛                                                                                                            


インドクジァク                                                     
キジ オス

キジ一対

日本キジ・ヤマドリ養殖センター

山鳥(ヤマドリ)、キジ、コジュケイの養殖、飼育は日本キジ・ヤマドリ養殖センター