日本キジ・ヤマドリ養殖センター

山鳥(ヤマドリ)、キジ、コジュケイの養殖、飼育は日本キジ・ヤマドリ養殖センター

rss

HOME»  ブログ記事一覧»  施設»  雛キジ ヤマドリの判別2

雛キジ ヤマドリの判別2

雛キジ ヤマドリの判別2

ヒナ、ヤマドリとヒナキジの雌雄判別2
 

発生したヒナの餌付けも成功して日ごとに
 
成長していくヒナですが 何となく気になるのが
 
オス・メスの判別でしょうか?
 
 
前回ヒナヤマドリの判別をしましたが
 
今回は “キジの判別„ をします。
 
 
 
簡単な見分け方を紹介したいと思います。
 
 
キジはヤマドリのように‘ 尾羽根でなく翼‚ に
 
よる判別です。
 
 
成鳥になるとオス、メス共羽根の色は異なり
 
ますので幼雛、中雛の頃にはオス、メス共
 
羽根の抜け変え時に何処かに何か変化があります。
 
 
 
注意して観察しているとありました!
 
 
 
 
 
 
 
 
翼は
 
初列風切羽根→次列風切羽根→三列風切
 
上へ上がって初列雨覆→小雨覆(右上)中雨覆(中)
 
大雨覆(下)→肩羽根→小翼羽(左上)
 
とありますが注視するところは初列風切羽根で゛
 
10枚あるうち最初の1番目です。
 
 
この1番目の羽根は他の羽根より出て来るのが
 
遅いので“タケノコ(筆毛)”が伸びてきてからでないと
 
判断が難しいです。
 
日数にして40日前後位でしょうか!?
 
 
 メスの場合は他の羽根(2番目以降)と同色です。
 
成鳥まで同色です。

 

 
 
オスの場合は1番目の羽根が(2番目以降)と比較して
 
白い部分が見られます。矢印
 
 
 
1番目の羽根は他の羽根より短いのて゜直ぐ
 
分かります。
 
オスの場合は初列風切羽根①~⑩に白っぽい横線が
 
見られます。
 
 
3ヶ月もすればオス独特の色彩が身体全体に
 
ボチボチ出てきます。
 
 
 
左右の翼は同じです。
 
 
 
 
体形からしてもメスは身体がオスより一回り
 
小さめです。
 
 
オスの頭部はメスより大きめで顔面の赤色部が
 
薄っすらと出てきます。
 
 
2ヶ月もすれば赤色部が見らます。
 
 
体形だけで判断は100%見分けが困難ですね
 
羽根の色彩で見分けると先ず間違いありません!
 
 
 
脚もオスはメスより太く蹴爪が出てきます。
 
 
メスは蹴爪のところが突起部分がチョッピリ
 
丸みを帯びています。
 
鋭い突起はありません
 
 
 
コジュケイですが判別の方法は難しいです。
 
何方かご存じの方は教えて頂きたいです・・
 
 
成鳥になってもオス・メスの羽根が同色なので
 
これといった特徴はヒナの時点では現れませんね~
 
唯一確認出来るのは“蹴爪”です。
 
 
蹴爪が“ゆず”のトゲのように鋭く尖ったのが
 
オスで一方メスは丸みを帯びたチョッピリ
 
小さめの突起です。
 
 
以上のように成鳥でオス・メスの羽根の色が
 
違う鳥は幼雛・中雛の時どこかに見分ける
 
部分があります。
 
 
逆にコジュケイのように同色の場合はなかなか
 
困難極めますね。。
 
 
 
まとめ
 
雌雄の判別が分かれば後々の作業に対応できます
 
から早期に分かれば越した事はありませんね
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2022-01-11 07:26:48

施設   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント