日本キジ・ヤマドリ養殖センター

山鳥(ヤマドリ)、キジ、コジュケイの養殖、飼育は日本キジ・ヤマドリ養殖センター

rss

HOME»  ブログ記事一覧»  飼育»  キジが戻って 来たぁー

キジが戻って 来たぁー

キジが戻って 来たぁー

キジが戻って来た!?
 
 
逃亡
 
成鳥のキジが飼育場から逃げてしまい諦めていたが
 
2日後戻って来て、上部の逃亡しないために張った
 
 
 
ネットの一部の穴から帰還しました ‼ (・・?
 
 
 
こんな事は滅多にありませんが珍しい出来事です。
 
 
 
しかも両足を縛ったままです。
 
 
事の始まりはこうです。。。
 
 
 
 
猟犬の訓練
 
 
猟犬を訓練するためいろいろと工夫されています。
 
先ず、猟犬を訓練するには実際の狩猟鳥を対象に
 
する必要とされます。
 
 
狩猟鳥を対象とされるのはキジ、ヤマドリ、コジュケイ
 
ウズラ等々ですが、ヤマドリは供給が乏しく余り市場に
 
出ず尚且つ高価なので利用出来ないのが現状
 
 
 
コジュケイも供給の方が間に合いません。。
 
そこでキジが主体になります。
 
 
キジは容易く購入出来ますので利用されています。
 
同時に単価もヤマドリより割安になっています。
 
 
そのような事情がありキジに集中します。
 
 
 
 
訓練の仕方
 
キジを器に入れて(小動物を捕獲するために金属棒で
 
囲ったかご バネ付)所定の場所へ設置
 
     ↓
 
数十メートル先から猟犬を放し猟犬がキジの匂いをたよりに
 
キジを入れた器まで行く
 
   ↓
 
数メートルまで行くと“ ポイント „する
(ポイントとは近くに獲物がいると猟犬が威嚇して獲物が
金縛り状態になり身動き出来ない様)
 
ポイントすると猟犬は尾を立て微動だしません!
 
       ↓
 
一方獲物から数十メートル離れた場所でハンターが待ち構え
 
ていて係員がポイントを確認したら器の扉を電波により
 
開放する
 
    ↓
 
キジは一目散に羽ばたきます。
 
    ↓
 
すかさずハンターは獲物目掛けて撃ちます。
 
仕留めた獲物は猟犬が回収します。
 
そのような事をしながら猟犬に猟欲を持たせます。
 
 
しかしながら、なかには的中しない方も~笑い
 
 
勿論、安全には特に気を使います。。。
 
 
 
キジの輸送
 
猟犬の訓練用としてキジを供給する訳ですが
 
商品なのでキジの体形、体色、羽根の揃い等々
 
要求されます。
 
 
普段使用する専用の輸送箱(段ボール)では
 
箱から出す時に羽根が痛むので又、逃げてしまう
 
 
おそれがあるので画像のような管に入れると
 
羽根の傷みは出ません
 



 
 
ある日引き渡しの際、たまたま一つの筒が傾き
 
キジが抜けてしまい飛んでしまって
 
 
アッ・・・
 
失敗 ‼
 
 
キジの飛んでいる方向を見ていると
 
キジは400メートル近い杉林へ突入です。
 
 
両足を縛ったままなので夜中に天敵に襲撃されるのは
 
必然  哀れ 大失敗です。
 
 
 
脚を縛るのは羽根が傷まないためですが縛った
 
ままでは歩行出来ないので天敵の餌食は目に見えて
 
 
います。
 
探すのも夕暮れ時だったので諦めました。
 
 
 
 
ところが・・・  
 
思わぬ事が・・・
 
 
 
翌日、給餌のため飼育場へ来ると 目を疑いました .....
 
 
一部分、畑にしておいた所にキジが チラッと見えたんです!
 
急いで何とか追い詰め無地に捕まえ見ると
 
 
何と 脚に縛った“ ひも ”がついていました。
 
 
 
 
 
ビックリ ・・・
 
驚きで茫然としてしまいました。
 
 
良くもまあ~~天敵から逃れ しかも両足縛った
 
ままでしかも元の古巣へ来たかと・・・
 
 
感心しました 
 
 
 
まとめ
 
 
鳥は捕まると先ず逃げる事が先
 
両足をシッカリ掴んでいれば安心ですが、いざ
 
 
気を緩めると透かさず逃げてしまいます。
 
キジを移動する時は最後まで気を緩めないように!
 

 

2022-01-11 15:30:33

飼育   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント