日本キジ・ヤマドリ養殖センター

山鳥(ヤマドリ)、キジ、コジュケイの養殖、飼育は日本キジ・ヤマドリ養殖センター

rss

HOME»  ブログ記事一覧»  飼育»  鳥捕獲の仕方

鳥捕獲の仕方

鳥捕獲の仕方

鳥捕獲の仕方
 
 
キジ、ヤマドリ、コジュケイなど捕える時は慣れないと
 
苦労しますね~
 
 
 
いざ、捕まえるとなると・・
 
 
 
 
悪い例
 
①施設に入り直ちに鳥を捕まえる
 
②鳥が暴れても追いかけ捕まえる
 
③捕まえて背中を押さえつける等々
 
 
 
良い例
 
 
①施設に入ったら1~2分鳥が静まるまで待つ
 
②四隅の角にいる
 
③網で捕まえたら右の画像のように頭部を軽く覆う
 
 
④静かになるので賺さず両足を掴む
 
 
⑤両羽根は捕まえないなど
 
 
 
 
悪い例の①、②は極力避ける
 
時間が経つと鳥は静まるものです。
 
 
③は背中を強圧加えると肺、心臓などが圧迫され鳥に対して
 
ストレスが大になる。
 
 
 
良い例の②は鳥は脅威から逃れるため逃げようとし
 
暴れるので正面からの捕獲は暴れるので必ず
 
隅から行う
 
 
 
脚を掴む
 
良い例の③は眼を隠すと鳥は静かになります。
 
 
鳥は夜行性でないので夜間は活動しません
 
 
ですから夜中に捕獲すれば網がいらず簡単に
 
捕まえるのが容易です。
 
 
両足を掴めば静かになります。
 
 
片手で足を押さえもう一方の手で頭部を軽く抑え
 
目隠しした状態で頭部を5~6回ふりまわして
 
翼の下へ頭部を入れてやり足を掴んだ手を「そぉっと」
 
静かに放してやると鳥は2~3分微動だせずジィッと動きません
 
試して見ては如何でしょうか?
 
 
 
 
鳥の移動手段として最終的に翼により飛んで移動出来
 
ますが普段は足によるものが多いですね!
 
 
その足を捕まえる事で鳥は観念して静まります。
 
 
多少暴れたりした時は右手で足を左手で羽根を
 
軽く押さえます。
 
 
 
 
脚の掴み方は正しく
 
両足を掴んだ場合画像のようにします。
 
 
 
 
決して反対に持ってはなりません!
 
 
 
脱臼してしまいますのでしないように!
 
脱臼すると回復するのに大分日数がかかります。
 
 
 
 
背中を強く押さえたりしないように、ストレスが貯まり
 
心臓が小さいので弱ってしまいます。
 
場合によっては死に至りますので
 
しないように 又捕まえる時は首筋に要注意です。
 
 
 
最大の急所は首筋
 
首筋は鳥にとっ急所ですので網の堅い部分や
 
廻りの障害物にあたらないようにします。
 
 
鳥が死亡する大きな原因に首筋の強打がかなり多いです。
 
身体に傷などなく胸の筋肉が衰えていないなどの時は
 
大部分が首筋の強打により死亡します。
 
 
見た目鳥の姿に異常が見られない時はこの首筋
 
が原因と見るべきでしょう。
 
 
 
 
又、捕まえる時蹴爪に要注意!
 
爪も気を付けてください
 
顔などに当るとミミズバレになってヒリヒリと痛みます。
 
 
十分気をつけてください 
 
慌てずユックリと作業する事に付きます。
 
 
 
まとめ
 
鳥は人を含め外敵なと゜に敏感で事が起これば
 
賺さず逃避しますから鳥に対して極力脅威を
 
与えない事が大事かと思います。

 

2022-01-12 06:10:39

飼育   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント