日本キジ・ヤマドリ養殖センター

山鳥(ヤマドリ)、キジ、コジュケイの養殖、飼育は日本キジ・ヤマドリ養殖センター

rss

HOME»  ブログ記事一覧»  増殖の方法»  産卵間近

産卵間近

産卵間近

産卵間近
 
 
 
今シーズンも産卵時期を迎えました。
 
 
年に1度の大事な作業なので失敗は許せません!
 
成功させるためには事前の段取りが必須です。
 
 
 
些細な事も見逃しては終いには後悔してもどうにも
 
なりません。
 
 
1シーズン不意にしてしまいます。
 
 
 
念入りな点検
 
鑑賞用としても、増産にしても “ゆとり„ が必要です。
 
 
 
動かない商品所謂 “静の商品”(本、加工食品、薬品等々)は
 
生産するのに容易です。
 
 
一方動いている商品 “動の商品”(自身で生きている)は
 
容易ではありません
 
 
当初からの予定した事が一瞬にして0になるリスクを抱えて
 
います。
 
 
 
先を読んで準備
 
例えば事故により死亡、疾病による淘汰、逃避等々あるので
 
先が読めません・・
 
 
ですから1シーズン有効にするため予備を備えておくのが
 
賢明かと思います。
 
(この時オス、メスともです。)
 
 
 
最小限2対はほしいですね~
 
何事も起きなければそれに越した事ないですが
 
何かトラブルが発生するかもしれません
 
 
その時にやりくりして対処すれば助かります。
 
 
 
片方が淘汰してしまうと1シーズン無駄になってしまいます。
 
 
これらは未然に解決しなければなりませんね~
 
 
 
寒暖の変化
 
さて、1月も”大寒 „が過ぎると“三寒四温„となり
 
三日寒さ過ぎると四日暖まるごとく日に日に寒さ減少
 
します。
 
 
 
生き物(キジ・ヤマドリなど)は即座にそのような変化を
 
察知するようです。
 
 
夜間冷えて北風ある時などは茂みにジッとすくんでいます。
 
日中も冷たい風が残るようだと活動は停滞します。
 
 
寒さ過ぎて暖かい日が来ると活動は活発になり食欲も
 
増して来ます。
 
 
 
その繰り返しが続くといよいよ産卵に至ります。
 
産卵の前触れは兎に角食欲が増します。
 
 
 
この頃は非常に大事な時なので個体(キジ・ヤマドリ)に
 
危害を加えてはなりません。
 
 
 
又、なかには求愛行動が盛んなオスがいるので
 
未だ発情が遅いメスはそのようなオスに攻撃を
 
受ける場合があります。
 
 
狭い飼育場の場合は出来るだけ変化をもたせます。
 
メスが逃避出来る環境作りが好まれます。
 
 
隠れ場を沢山作り止まり木を増やすなどいろいろ工夫
 
してあげます。
 
 
 
決して平たんにしないように!
 
 
 
 
まとめ
 
2月は産卵時期の前触れで大事な時期です。
 
些細な事でも目を配りオス、メスの行動に
 
注意を払います。
 
 
 
毎年、温暖化になっているせいか産卵開始が
 
早まっています。
 
今年も例年より幾分早いようです。
 
 
 
しかし、個体差があるので産卵は “まちまち”
 
早いのは2月末頃、遅めはこれから4月にかけてで
 
しょうか・・
 
 
 
“この個体はかなり良い種親だろう„
 
 
 
と思ってても
 
結果は余り芳しくない個体や
 
 
 
“この個体は余り期待出来ないなあ~„
 
 
 
と思いつつとても良い成績を残すのやら
 
様々です。
 
 
 
ですから産卵開始までは「そぉっ と。。」して
 
おきます  良く観察するよう心掛けます。
 
個体(ヤマドリ)に危害を及ぼす行動は絶対に
 
慎む事です。
 
繫殖力旺盛なオスは
この時期はオスがメスへの殺傷があるのも
 
たまたま見受けられますね
 
 
 
オスとメスの発情の“ズレ” からでしょう
 
対策としてそのような時はメスの追加が
 
効果あります。
 
大概はそれで収まると思います。
 
 
 
最大メスは5羽くらいまででこれで収まらない
 
時はそのオスは諦め放棄します。
 
 
 
産卵間近になるとメスの歩行の様子を
 
見ると一目瞭然!
 
ガニ股に歩き翼を左右に動かしユックリ
 
あるきます。
 
このような時は産卵間近!
 
 
 
普通に歩行していて突然産卵するのも
 
いますがこの時期は一般に動きが遅く
 
なり、人が寄っていっても余り驚きません。
 
群れ同士の争い
ヤマドリの群れを何組も置く場合は “ 境目 ”に
 
注意です。
 
隣同士で争いがあり殺傷してしまいます。
 
 
 
特に網の時は足の“ 蹴爪 „が網に絡まり
 
気が付かないでいると足が折れてしまい
 
悪ければ死に至りますので網は弛ましては
 
なりません
 
 
 
地上から50センチくらいは板、トタンなどで
 
囲い隣同士が見えないように工夫が必要です。
 
産卵場所
気温上昇が繰り返して進むとメスは隅など
 
へ、体半分位入るくらいの穴を掘り起し
 
周りの枯れ葉など敷き産卵!
 
 
 
他のメスが巣を借りてその場所へ産むのも
 
います。
 
一羽産卵すると次〃産卵します。
 
 
 
集卵はなるべく多く取りたいので5個くらい
 
貯めてから次の産めば一個古いのをとるように
 
します。
 
 
 
全部取ってしまうと一旦止まってしまい又、
 
別の場所へ産卵します。
 
産卵停止にもなり兼ねません
 
 
 
目安としてメスは腹部に20個位の卵の集団
 
を何か所もありますが最初のが終われば
 
一次休むか連続して産卵します。
 
 
 
何かの原因で20個位全部産むわけでは
 
ありませんが半分以上は産むようです。
 
卵を出来るだけ多くとるにはメスに絶対
 
危害を与えるような動作は避けるべきである
 
 
 
小羽数飼育で中の状態は半分以上は隠れ場の
 
設置が必要で常緑樹など(スギの枝、ツバキ、
 
ヒノキ、青木など)をふんだんに入れて置き
 
外部から鳥が何処にいるか分からぬように
 
するのが効果あります。
 
 
 
3月は大事な頃、“ 気を引き締めていかねば
 
なりません。„
 
 
 
まとめ
 
産卵時期はなるべく飼育場での作業は
 
控え最小限にすべきです。

 

2022-01-12 15:30:03

増殖の方法   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント